Windows Updateでエラーが出た時のMS純正ツール

アウトレット特別特価

毎月公開されるWindows Updateは、Windowsユーザーにとっては、とても重要なサポートです。

特に最近では、既知の脆弱性を狙った攻撃も増えており、定期的なアップデートは必須と言えます。

ところが、全てのアップデートが上手くいくとは限りません。

ダウンロードを行い、いざインストールという時、エラーメッセージを吐いて、失敗というケースもあります。

こんな場合、普通のユーザーであれば、放置という事になるでしょうし、ちょっと詳しい方なら、エラーメッセージをググって、原因を探し出し、再チャレンジするという事になるでしょう。

PCをいじるのが好きな方は、後者の対応を「楽しんで」行う事も可能かもしれません。

でも、一般ユーザーであれば、正直面倒でもあるし、時間がもったいないと思うのは当たり前。

そんな人に、とっても便利なツールがMicrosoftから提供されていました。

「Windows Update トラブルシューティング」というツールです。

これは、「Windows Update エラーを修正する」という、Microsoftのページで提供されているもので、Windows を最新の状態にするための一連のトラブルシューティングを実行してくれるツールです。

上記ページにアクセスし、Windowsのバージョンを指定し、ダウンロードすれば、下記の様に起動します。

ウィジェットを進めていくと、問題を見つけて、修正してくれます。

私の使用しているPCでは、特に記憶になかったのですが、それでも、これだけピックアップされました。

とても、簡単でした。

なお、使用に当たっては、内容をよく確認してください。
質問やトラブルなど、当店は、一切責任を負いません。