2016 3Q、PCは復調へ

アウトレット特別特価

IDC Japan 株式会社が「2016年第3四半期 国内クライアントPC市場実績値を発表」しました。

それによると、2016年第3四半期(7月~9月)は、全体として、ビジネス市場が161万台、前年同期比10.0%増、家庭市場は91万台、同比0.2%増、計252万台、同比6.3%増という事で、特にビジネス市場は好調であったと言えます。

原因としては、

  • ビジネス市場では大型案件が増加したこと
  • Windows 7プリインストールPCの特需があったこと

が挙げられています。

ベンダー別では、

  1. NEC レノボ グループ シェア25.4% 前年同期比8.4%減↓
  2. 富士通 シェア19.0% 前年同期比18.3%増↑
  3. HP Inc. シェア12.4% 前年同期比14.8%増↑
  4. デル シェア12.1% 前年同期比39.5%増↑
  5. 東芝 シェア11.1% 前年同期比4.5%減↓

となっています。

XP特需の後に伸び悩んでいたPC需要が、一回りした傾向とみる事も出来ますね。

詳細は、下記より
2016年第3四半期 国内クライアントPC市場実績値を発表

短納期対応パソコン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする