要注意!Amazonのフィッシングメールが流通

箱汚れなど、お得なアウトレット品セール

フィッシング対策協議会によると、下記の様なAmazon をかたるフィッシングメールが出回っており、このメールからのリンク先であるフィッシングサイトは、2016/11/08 11:30 現在稼働中との事です。

フィッシングサイトのURLは、http://www.aima●●●●.com/apikeytokenid.php?set=10000120との事。

フィッシングサイトは、下記の内容で、Eメールアドレスとパスワードを入力させた後、クレジットカードの情報も奪おうとするようです。

アマゾンからは、フィッシングメール対策として、下記のページがあります。

Amazon.co.jp からのEメールかどうかの識別について

ここに記載されている内容は、

  • 注文していない商品の注文確認をする内容
  • Amazon.co.jp のアカウントにご登録のお名前やパスワード、その他個人情報を求める内容
  • お支払い情報の更新を求める内容
  • Amazon.co.jp のWebサイトではないサイトへのリンク。「http://××.amazon.co.jp」または「https://××.amazon.co.jp」で始まらないWebサイト
  • 添付ファイルやソフトウェアのインストールを求める内容
  • 誤字や文法の間違い
  • 送信元が、Amazon.co.jp やAmazon.com を装ったEメールアドレス

上記に該当する場合、フィッシングの可能性が高いとしています。

また、添付ファイルやリンクを開いてしまった場合には、

  • パスワードをお忘れの場合にアクセスして、すぐにパスワードを変更する
  • クレジットカード情報を送ってしまった場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡する
  • ウイルス除去ソフトウェアやアンチマルウェアソフトをインストールし、スキャンを行う
  • OS・ソフトを最新版にアップデートする

という方法を推奨しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加