Windows Server 2016のローンチがアナウンスされました

米マイクロソフトは、現地時間の9月26日、Windows Server 2016のローンチについて、アナウンスをしました。
Announcing the launch of Windows Server 2016

Windows Server 2016は、“cloud-ready OS”としての機能が強化されたもので、同ブログによれば、

  • Advanced Multi-layer Security
  • Software-defined Datacenter
  • Cloud-ready Application Platform

の機能に対して、強化を行っているとの事です。

また、同時に、System Center 2016のリリースについてもアナウンスされました。

Windows Server 2016の評価版は、下記より入手可能です。
TechNet Evaluation Center

データシートは、下記より入手可能です。
Windows Server 2016 datasheet

価格や具体的な発売開始日など詳細は、まだ公表されていませんが、価格表は10月中旬に発表となると思われます。

Windows Server 2016は、ライセンスの区分が大きく変わることが伝えられています。

現行のWindows Server 2012 R2までは、物理プロセッサの数で料金が決まっていました。例えば、Standard/Dataceterでは、2つの物理プロセッサが利用できました。
もし、不足した場合にライセンスの追加が必要でしたが、通常は、パッケージを購入すれば、ほぼ足りる構成となりましたが、Windows Server 2016は、コアライセンスとなる事が伝えられています。

つまり、従来のCPUの数ではなく、搭載CPUのコア数でライセンス料金が決まる事となります。

これは、クラウドを意識した課金体系と言えるでしょうが、ちょっと違和感がありますね。

追加情報がリリースされれば、逐次レポートします。