保守付サーバもお買い得!「あんしん保守パック」

サーバは使用したいけれども、専任の管理者がいないので、万が一の場合に心配。

そんな方には、延長保守付きのサーバがおすすめです。

万が一のハードの故障に際しても、専用窓口に連絡すれば、オンサイト(メーカー保守員が設置場所まで来て修理)での保証が受けられます。

サーバは、PCなどと異なり、連続使用を前提とした部品を使っていますが、電源やマザーボードなどの電子パーツの外に、接触稼働のHDDが付いており、やはり、故障時の対策は必須です。

メーカー保証と延長保守の違い

メーカー保証

通常は、出荷日または購入日から1年間(商品によっては2年ないし3年など)は、保証書を提示することにより無料修理とする制度です。
修理の方法としては、センドバック(故障品先送り)またはオンサイトがあります。

延長保守

上記のメーカー保証の期間に加え、ハードの修理・交換を行うサービスです。通常サービスの開始日はメーカー保証開始の日となります。

延長保守はメーカー純正パーツ構成がおすすめ

保守の範囲は、純正品に限定されます。
せっかく保守サービスを購入しても、サードパーティ製のパーツは対象外となるので、保守をご希望の場合には、純正構成をおすすめしています。
supplite1

純正パーツは割高になりがち

例えば、富士通製の場合、1TBのHDDが1本8万円弱と高価なため、例えば1TBx2でRAIDを組むとそれだけで定価ベースで16万円になります。
PG「あんしん保守パック」なら、純正保守付のサーバがお求めやすく

「安心保守パック」なら、お求めやすい価格で、充実の内容。

当店の「あんしん保守パック」は、メーカー様ご協力の下、純正HDDやメモリもお求めやすくセットにしています。
通常、カスタム時のパーツでの特価は厳しいですが、パーツ毎特価で組み込むことが可能なので、通常に比べ、非常にオトクです。

安心してお使いいただくために

専任のシステム管理者がいない職場であっても、万が一の際には保守員が最短で修理してくれるので、不安なく、業務にご利用いただけます。

あんしん保守パック

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【10台限定】HP EliteBook 820 G3 Notebook PC X3G31PC#ABJ(i5-6300U/8GB/500GB/12.5HD/Win10Pro)
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
HP激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加