「安全」ピンムーブメント、広がるか?

color-safety-pins
イギリスのEU離脱国民投票の影響は、日本でも未だに続いていますが、その本国では移民とその周りの環境に大きな影響を及ぼしているそうです。

ライフハッカーの記事によると、EU離脱決定後はヘイトクライムが57%増加したそうです。
国民投票前には、下院議員殺害など非常に緊迫している状況もあり、移民の人たちは脅威を感じているとの事。

そういう状況下だそうですが、その中である女性がTwitterで呼びかけて、その運動が広まっているとの事。

EU離脱の影響で被害を受けた移民をサポートするアイデアを思いつきました。あなたが彼らの仲間であることを示すためにジャケットやコートに安全ピンを刺して欲しいのです。そうすることで移民の人々はバスであなたの隣に座っても安全だということ、隣を歩いても安全であるということや会話をしても大丈夫だということがわかります。

つまり、移民にとって自分は「安全」だよという目印を、安全ピンを付けることで表現するというムーブメントだそうです。

これらは、Twitter上でハッシュタグ「#safetypin」で拡散されているようです。

このハッシュタグを見ましたが、何となく、まだ大きな盛り上がり感は無かった気がしますが、アイデアとしては、非常に有意義だと思います。

しかし、こういった事がニュースになるようなご時世は、正直考えてしまいますね。

決して他国の話題だけでもない気がします。

おすすめ商品

DELL PowerEdge R230取扱開始、当店なら即納特価
【10台限定】HP EliteBook 820 G3 Notebook PC X3G31PC#ABJ(i5-6300U/8GB/500GB/12.5HD/Win10Pro)
Windows Server 2012R2バンドル特価サーバキャンペーン
HP激安特価
  • このエントリーをはてなブックマークに追加